2021.09.27

独立を成功させるためのエージェントの活用

フリーランスエンジニアとして独立する際に重要になるのが、取引先の多さだろう。しかし、会社員時代に人脈を広げていなかった人は、それほど取引先が多くないケースも珍しくない。

そのような場合に役立つのが、エージェントの利用だ。
エージェントを活用することで、人脈がなくても取引相手を見つけてもらえるというメリットを得られる。
それでもエージェントの活用方法が下手であれば、なかなか仕事を貰えないことも考えられる。折角エージェントを利用するからには、上手な活用方法を知っておく必要があるだろう。

具体的なポイントとして挙げられるのが、会社情報の入手だ。
エージェントは紹介する会社の情報を詳細に記してくれる。中には自分で調べるだけでは知ることのできないような会社の内部事情を知れるケースもある。その内部事情も把握した上で、会社との取引を決められるのが魅力だ。

会社との取引を決められるかは、面談に左右されるケースもある。そのためエージェントを活用する場合、面談の対策を立ててもらうことも重要なポイントだ。
会社ごとに求めているものが違うため、面談でアピールすべき内容も変わってくる。何をアピールすれば面談が成功するかというアドバイスをエージェントから貰うことで、その取引先との契約が決まりやすくなるだろう。
また、エージェントによっては、得意な分野と苦手な分野がある。自分の活躍したい分野に強いエージェントを選ぶことも、エージェントを上手く活用する重要なポイントだろう。