2021.09.27

フリーランスエンジニアが確実に仕事を貰うには、技術を磨くことや知識を増やしておくことが大切だ。
定番のプログラミング言語であるJavaなどを習得したり、新しいジャンルの言語を覚えたりする必要がある。使える言語が増えれば増えるほど仕事の幅が広がり、関われるプロジェクトも増えてくる。依頼を受けた際にできないと断る回数も少なくなり、安定して仕事が貰えるようになるだろう。
そのためにも、積極的に勉強したり、セミナーに通ったりして実力を身につけることが大事だ。苦手意識があっても、果敢にさまざま言語に挑戦してみるとよい。

人脈を広げることも、フリーランスエンジニアに欠かせないことの一つだ。
人脈があれば仕事を紹介して貰える確率も上がり、収入面でも困ることはない。フリーランスになる前に仕事で関わった人たちと仲良くなり、自分に仕事が回ってくるように努力しておく必要がある。
知り合って間もない時点で仕事を貰うのはなかなか難しい場合が多い。だからこそ、時間を掛けて信頼関係を築くことが重要だ。

万が一仕事が無いときに困らないよう、フリーランスエンジニアに案件を紹介してくれるサービスの利用を考えるのも手だ。
専用サイトに会員登録することで、仕事を紹介してもらえる。プロフィールや経歴、資格などを登録すれば、様々な案件からぴったりの案件を紹介してもらえるだろう。
また、仕事を自分自身で探すことができないとき利用するのも便利だ。
余裕があればいくつかのサービスに登録し、常に仕事が貰える状態にするという方法もある。

フリーランスエンジニアになる前の準備についてはここでも確認可能>>『フリーランスに挑戦!はじめてガイド